3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

家庭菜園 じゃがいも

jyagaimosyukaku300-fb691.jpg
じゃがいもの収穫は、とっても楽しい!


じゃがいもは、土を選ばず、
収穫するときの楽しみが大きいので、
家庭菜園でも人気がある野菜です。

一般的な「男爵」や「メークイン」もいいのですが、
アントシアニンが多く含まれているジャガイモで、
一般のスーパーなどにはなかなか出回らない
「ノーザンルビー」や「シャドークイーン」などの
珍しい品種を栽培するのも楽しいですね。


kateisaienA (4).jpg
じゃがいもの植え付け


じゃがいも栽培方法

1.菜園は、できるだけ深く耕し、畝を作ります。
  溝にバケツ1杯強の堆肥と、10握りほどの、
  化成肥料を入れて、4〜5cmの土を戻します。

2.種イモは、できるだけ質の良いものを選ぶことが、
  じゃがいもの栽培には大切なポイントです。
  芽が均等に2〜3個、分かれるように、
  種イモの大きさに合わせて縦2〜4ツに切り分けます。

3.40g位に切った種イモの切り口を良く乾かすか、
  灰や石灰をまぶし、植え溝に40〜50cm間隔で並べ、
  5〜6cmの厚さに覆土します。

4.3〜4週間で発芽してきますが、遅霜の心配があるので、
  芽に土寄せしておくか、腐葉土やもみ殻などをかけておきます。

5.芽が多く出てきたら、元気の良い芽を1〜2本残して、
  芽かきをします。
  種イモが抜けないように地ぎわを押さえて、
  芽を倒し気味に引っ張ると、基から抜けます。

6.芽かき後と、その半月後の2回、追肥を施し、
  その後、土寄せをします。
  土寄せは、15cmほどに成長した際にも行います。
  土寄せはイモの肥大に必要ですし、
  イモの緑化も防止してくれます。

7.6〜7月頃、気温が高くなってきて茎葉が黄変してきたら、
  試し掘りを行い、十分大きくなっていたら収穫します。
  収穫は、晴れた日に行いましょう。
posted by oishi-saien at 13:10 | 家庭菜園 じゃがいも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
家庭菜園」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。