3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

家庭菜園検定

WS000001.JPG


家庭菜園にも検定試験があるってこと、
ご存知でしたか?

2008年より始まった検定で、
検定委員長は、恵泉女学園大学 教授で、
NHK趣味の園芸のやさいの時間でも、
おなじみの藤田智氏です。


家庭菜園検定概要

家庭菜園検定には1級から3級まであります。
3級と2級は、家庭菜園に興味がある人が対象で、
誰でも受験できますが、1級は2級合格者しか、
受験できません。

1級はその分内容が高度で難しいようですね。

3級では、代表的な野菜10種類程度の栽培方法や、
野菜の基本的な知識と、原産地や、その野菜が、
何科であるか、などの問題が中心です。

2級では、3級よりも質問内容の難易度が増し、
また出題される野菜の種類も、
30種類程度にまで増えてきます。

1級は選択問題と記述式の全60問、
2級はマークシート4者択一方式の全70問、
3級はマークシート4者択一方式の全50問を、
いずれも1時間で回答します。

1級は全60問中、50問以上正答者、
2級は全70問中、50問以上正答者、
3級は全50問中、30問以上正答者をは合格としますが、
1級のみ、40〜49問正答者を準1級とします。


家庭菜園検定申し込み

家庭菜園検定の申し込みは、郵送、インターネットの
どちらでも受け付けてくれます。
http://www.kentei-uketsuke.com/katei-saien/
試験会場も、全国主要都市で行われますし、
年々開催都市も増えています。


家庭菜園検定内容

気になる家庭菜園検定の問題の内容ですが、
ホームページで練習問題に挑戦することもできます。
その場で採点できますので、
気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

実際の問題例ですが、

3級の問題例では、

タマネギは次のどれに当てはまるか?
で、@果菜類 A葉菜類 B根菜類 C菌類
の4択から選びます。
(ちなみに正解はAです)

2級になると、

日本原産の植物だけを組み合わせたものはどれか?
@フキ、ウド、ヤマノイモ、ゴボウ
Aカリフラワー、ミョウガ、サンショウ、アシタバ
Bワサビ、ミツバ、セリ、ツルナ
Cアサツキ、ニラ、イチゴ、ブロッコリー
の4択です。
(ちなみに正解はBです)

一方、1級では
『トマトの尻腐れ病は、何の成分が欠乏したときに発生するか?』
と、記述式になるため、難易度が一気に上がります。
(ちなみに正解はカルシウムです)

それぞれの難易度がイメージできましたでしょうか?
これらのことは学べば学ぶほど、良い野菜を作るのに役立ちます。
ぜひ、チャレンジしてみてください。
posted by oishi-saien at 11:10 | 家庭菜園検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
家庭菜園」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。